タイツー サプリ

毛細血管の若返りにタイツーが注目!

 

人間が健康を保って生きるためには、普段からの血管の働きが非常に重要です。血管は血液を体中に運んで栄養や酸素を届け、生命活動を支えています。その血管が損傷したり詰まったりしてしまうと血液が運ばれなくなり、その先の細胞が栄養不足によって最悪死滅してしまいます。

 

血管にはいくつかの種類がありますが、特に注意すべきが毛細血管と呼ばれる血管です。これは非常に細い血管で、そのために詰まったり壊れたりしやすいです。その毛細血管の血流は肌の血色や栄養補給などに非常に大事なのです。この毛細血管ですが、損傷してしまうようになると血液の成分や栄養素が血管の外に漏れだしてしまい、せっかく摂取した栄養がムダになってしまうと言います。するとその部分の調子も悪くなってしまうのです。ですから毛細血管をしっかり健康に保ち、トラブルがあれば修復することが大切です。

 

そのために有効とされているのがヒハツやシナモンに含まれている「Tie2(タイツー)」という物質です。これは血管に存在している物質で、血管の細胞同士をくっつける作用を持ちます。これが働くことによって血管の修復が行えるというわけです。他にも魚類の不飽和脂肪酸は血管の細胞を作る材料となるので、こちらも摂取しておくと良いでしょう。健康づくりは血管からと言われるので、自分の血管の管理もしっかり行いたいですね。

 

タイツーの冷え性への作用

 

冷え性で悩む女性は多いですが、真夏にも関わらず手先足先は冷たいということで困っている人も多いのではないでしょうか。生活スタイルの変化によって冷え症を抱えている人は男性にも多くなってきており、特に年齢を重ねてくるとそうした症状を持っている人が増えてくるそうです。加齢とともに冷え性になりやすくなるというのは一般的に正しい見解です。全身に存在している毛細血管の働きが、末端部分の冷えには大きくかかわっています。

 

血管は血液を運んでいるものでもありますが、血液を通して熱を運んでいるという見方も出来ます。毛細血管の機能が低下していると、血管が詰まったり壊れているためにしっかりと血液が流れず、そのために冷えが強くなってしまうのです。

 

毛細血管の状態を修復するためには、体内にあるTie2と呼ばれる酵素の働きが重要なのですが、この酵素、実は食事を通しても摂取することが可能です。この酵素の摂取のためには、シナモンやヒハツといった香辛料を摂取することが大切です。これによって毛細血管が丈夫になり、また機能を取り戻すため全身の血流が良くなり、そのために多くの健康効果を受けることが出来るようになります。

 

ヒハツやシナモンは、スプーン1杯も料理や飲み物に入れれば十分な健康効果を発揮します。もともとが香辛料ですので、あまり入れすぎると風味が変わってしまったりするので注意しましょう。しっかり効果を受けたい人は、これらの成分を濃縮したサプリメントなどもおすすめです。

 

タイツーがむくみを解消

 

ヒハツが最近注目されていますが、その理由のひとつに「むくみの解消」があります。女性の方は特にむくみやすいと思いますが、これは体内に溜まってしまった老廃物と水分が結びついてしまい、細胞の外に溜まってしまっている状態と言えます。ですからリンパ管をしっかり機能させて老廃物をしっかり排出することが大事です。

 

心臓から送り出された血液は動脈を通って全身に運ばれますが、その動脈と静脈をつなぎつつ、隅々にまで血液を届けているのが毛細血管です。細胞への栄養分や酸素の運搬や老廃物の回収はこの毛細血管を通して行われています。しかし毛細血管が老化したり損傷していると老廃物がモレてしまい、こういった循環が正常に機能しなくなります。そのために細胞に水分や老廃物がたまってむくんでしまうようになるのです。

 

ヒハツにはTie2を活性化させ、毛細血管を修復し血流を良くする効果があります。そのため老廃物の回収もスムーズになり、結果的に体のむくみも解消されるようになるのです。むくみや原因には冷えもありますが、ヒハツは全身の血流を良くすることによって冷えも改善しますから、そのダブルでむくみに対して有効です。

 

ヒハツの健康効果をしっかり受けるためにも、高濃度でヒハツが配合されてサプリメントなどを利用してみるのが良いでしょう。また同時に運動などをしっかり行っていくこともむくみの解消に有効です。

 

タイツーの美肌効果

 

美肌のためには注目されているTie2(タイツー)の活性化が大事だということをご存じでしょうか。そもそもTie2とは何かということですが、これは体内の毛細血管を丈夫にするためにある酵素です。毛細血管は全身の血管の9割を占めており、これが収縮したり破損すると、毛細血管そのものが無くなっていきます。実は40代を過ぎるとこの毛細血管が急激に少なくなり、そのために血行不良や老化現象が始まるのだそうです。つまり美肌を守るためには毛細血管を守る必要があり、そのためにもTie2が必要不可欠だと考えられるのです。

 

ではこのTie2を活性化させるにはどうしたら良いのかというと、そのための成分を補う必要があります。この成分にはヒハツに含まれるピペリンが有効ということで言われていますし、またシナモンにも同様の効果を持ったものもあるようです。そしてノンカフェインのお茶として人気の高いルイボスティーにもそういった効果が期待出来るのだそうです。毛細血管がしっかり機能することで、普段からの健康管理もより効果が期待出来るようになりますし、新陳代謝がさかんになって肌もきれいで、また太りにくくなるなどメリットが多いです。

 

老化対策や美肌対策というと、まずは紫外線対策などが浮かびますが、内側対策としてはこの毛細血管に意識を向けてみると良いでしょう。普段はあまり意識されない毛細血管が実はかなり重要なものですから、健康管理のあり方もぜひ見直してみてください。

 

タイツーはルイボスティーから摂れる?

 

肌の問題の多くは、冷えなども実は関わっています。美しい肌には程よい赤味があるものですが、こういった血の気が引いている状態は同じように白い肌だとしても、どこから薄暗い印象をあたえます。冷えは血行不良を招き、肌のを不健康な色にしてしまいますから、美肌を目指す人にとって血行不良の改善は必須の課題と言えるでしょう。

 

そんな血行不良に実は大きな影響を与えているのが「毛細血管のゴースト化」と呼ばれる現象です。毛細血管がゴースト化とは、毛細血管が消えて無くなってしまう現象を言います。人間の血液を大きく分けると動脈と静脈、そして毛細血管に分けることが出来ます。家の水道に例えるなら、動脈は上水道で、静脈は下水道、そして毛細血管は家の中の水道管と言えます。つまり動脈から栄養や酸素に富む新鮮な血液が送られ、それを毛細血管が必要なところに供給し、老廃物などを回収して静脈に流し込んでいるわけです。その毛細血管がゴースト化すると、血液がとどくところが少なくなり、細胞が栄養不足を生じさせたり、血行不良になってしまうようになります。

 

ルイボスティーにはゴースト血管予防に有効なTie2という血管にある物質を活性化させることによって、血行不良を防止出来る効果があるとされています。美容や健康に良いとされるルイボスティーは、こうした血流に関する効果も期待出来るのです。毛細血管の状態が改善されることで冷えも改善され美肌にもなりますので、ぜひホットでいただきましょう。